本文へ移動

工事請負契約書について

事前調査結果報告書について

解体・改修工事を行う際には、その規模の大小にかかわらず工事前に解体・改修作業に係る部分の全ての材料について、石綿(アスベスト)含有の有無の事前調査を行う必要があります。
 
2021年(令和3年)4月より
①事前調査は設計図書等の文書による調査(※設計図書等の文書が存在しないときを除きます)と、目視による調査の両方が必要となります。
 ②事前調査の結果の記録を作成して3年間保存するとともに、作業場所に備え付け、概要を労働者に見やすい箇所に掲示する必要があります。
 
以下より「事前調査結果等報告(元方保管文書)」がダウンロードできますのでご活用ください。
住宅リフォーム用の工事請負契約書については、住宅リフォーム推進協議会のホームページで公開していますのでご利用ください。
TOPへ戻る