本文へ移動

ケガをしたときは

ケガの治療はその原因により、仕事中のけがや通勤途上では労災保険、交通事故では自賠責保険などを使うことになっています。また仕事中の熱中症も労災保険を使います。
労災保険や自賠責保険に請求すべき医療費を、国保組合が負担したままにしておくと、結果として組合員のみなさまの保険料で負担することになります。健全な運営を行うためにご協力お願いします。

国保組合ではケガや熱中症などで受診された方を対象に負傷の原因の回答についての文書の送付を毎月行っています。

原因を詳しく記入し、必ず国保組合まで返送または電話で回答してください。未回答のままですと任意給付等のお支払いができませんのでご注意ください。
TOPへ戻る