本文へ移動

第三者行為の届出について

交通事故にあったら届出をしてください

交通事故などの、第三者の加害行為によるケガなどの治療費用は、本来被害者の過失を除き加害者が負担すべきものです。ただし、加害者がすぐに損害賠償に応じてくれなかった場合などは、岐建国保に届出することで、一時的に岐建国保の保険給付を受けることができます。当組合は加害者に代わり一時治療費の建て替えをするだけであり、後からその医療費を加害者(自賠責保険の保険会社含む)に請求をすることとなります。保険証を使用する時は必ず岐建国保に連絡してください。岐建国保より届出に必要な書類を送付します。
なお届出や連絡のない場合は、国民健康保険法の規定により、不利益を受けることもありますので留意してください。

*岐建国保への届け出は義務です。
*加害者と示談するときも、必ず事前に岐建国保と相談のうえ行ってください。
*自損事故での届出は必要です。

交通事故など第三者行為によってケガをして、保険証を使って治療を受ける場合は、国保組合・審査課・求償係(058-213-3337)に必ず連絡してください。

第三者行為による事故の届出に必要な書類

2.交通事故証明書
最寄りの警察にて交付用紙を受け取り、発行手続きを行うことにより取得できます。(保険会社に写しをもらうことも可能)
*届出の書類の作成は任意加入の損保会社が代行作成してくれるところもあります。

ご自身もしくは相手方の損害保険会社に確認してください。
TOPへ戻る