本文へ移動

マイナンバー制度について

マイナンバー制度とは

平成27年10月にマイナンバー「通知カード」が一人ひとりに市町村からで送付されました。
マイナンバーは国民一人ひとりが持つ12桁の番号で、生涯を通じて利用し原則変更されません。
平成28年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続きで利用が始まっています。

岐建国保加入のみなさまへ

岐建国保では保険給付や資格管理において個人番号を利用することが法律で決まっています。
平成28年1月から組合員から岐建国保への届出・申請書等において個人番号欄が設けられています。(資格の取得・喪失届出書、高額療養費・限度額適用認定申請書など)

特定個人情報保護委員会へ評価書の提出

マイナンバーに関するホームページやコールセンター

政府広報、内閣官房、厚労省のホームページに詳しく説明されています。
詳しくは、内閣官房のホームページ「社会保障・税番号制度」
または、コールセンター0570-20-0178(土日祝日、年末年始を除く9:30~17:30)へお問い合わせください。
TOPへ戻る